フォトウェディングスタジオ比較ランキングin札幌 » 札幌で前撮りできるおすすめフォトウェディングスタジオ » 結婚式の前撮りはいつがいい?おすすめ時期をリサーチ!

結婚式の前撮りはいつがいい?おすすめ時期をリサーチ!

結婚式の前撮りをするにあたり、タイミング選びは非常に重要ですよね。「撮影した写真を結婚式で使用したい」「イメージ通りの写真を残したい」など、カップルによってこだわりは様々。

それぞれに合う撮影の時期を選ぶ際に参考にできるよう、アンケート結果や北海道の特色など、前撮りの時期を選ぶ際に必要な情報をまとめました。

前撮りにベストな時期

 何月に前撮りするのがいい?

結婚式の前撮りはどの時期にも行われていますが、一般的に最も多いのは4月から6月です。

特に和装で撮影する場合、真夏の撮影だと非常に暑く、汗をかいてメイクが崩れやすいため、避ける人が多いよう。

しかし、北海道の夏は短くて過ごしやすく、美しい大自然を満喫できる時期なので、例外であると言えます。

また、真冬の撮影は気温が低すぎると、表情が固まってしまうことがあるため一般的には避けられる時期ですが、北海道の雪はパウダースノーで写真映えするため、雪が好きな人はあえて選んでもいいかもしれません。

ロケーション撮影の場合は、梅雨の時期は天候に恵まれないとよい写真を撮影することが難しくなるため、一般的にはほかの時期が望ましいですが、北海道には梅雨がないと言われているため、撮影にあまり影響はありません。

さくらや紅葉、その土地独自の風土があるため、イメージに合う撮影がいつできるかを、スタジオのスタッフに相談してみるといいでしょう。

札幌で前撮りするなら?人気のフォトスタジオを紹介!

前撮りをする時期は、結婚式のどれぐらい前がベスト?

結婚式のどれくらい前に前撮りをすればいいの?と気になるのではないでしょうか。

調べてみたところ、実際に結婚式の前撮りをしたカップルで、最も多い時期が結婚式の1~2カ月前。次に多いのが3~6カ月前でした。

これは、写真のセレクトや色補正などで仕上がりまでに1カ月ほどかかることが多いためです。さらに、結婚式当日のウェルカムボードや演出に使用したい場合などは余裕をもって1.5か月から2カ月程度前に撮ることが望ましいと考えられます。

時期別にみる!北海道で前撮り・ロケーション撮影するなら…?

せっかく北海道で前撮りするなら、旅行気分でイベントやグルメも楽しみたいですよね。月ごとのイベントやグルメ情報について調べてみました。

春(3月から4月)

雪解けがはじまる北海道

少しづつ気温もあがり雪解けもはじまりますが、3月の北海道はまだまだ寒く、スキー場祭りやスキー大会などもさかんに行われます。

この季節、東京や大阪では気温は13℃前後ですが、北海道では日中でも5℃前後なので、寒さ対策は必須です。

道内各地の漁港では、海の幸がたくさんとれるため、冬の旬の味覚が楽しめますよ。 

4月になると一気に雪が解けはじめます。日中の気温は10℃前後まであがりますが、夜になるとまだまだ寒いといった感じです。1年で最も降水量が少なく、下旬から次第に桜が咲き始め、道南では桜祭りが行われます。

夏(5月から8月)

季節の花が見ごろな夏の北海道

5月には桜やつつじ、梅などが見ごろを迎えます。

6月は梅雨の時期ですが、北海道には梅雨がなく、ソーラン祭りや、北海道神宮祭などの各種イベントや、山開きが行われています。

7月上旬から下旬は、ラベンダーが見ごろを迎えます。日本で最も歴史のある富良野の「ファーム富田」では4種のラベンダーが植えられており、一面に広がるラベンダー畑を楽しむことができます。この時期には、ラベンダー味のソフトクリームや香水、化粧品など、季節ならではのグッズも手に入れることができます。

夏真っ盛りの8月は、北海道でも平均気温が25℃を超え、汗ばむ季節です。しかし、道北は21℃前後と過ごしやすい気候です。道央の北竜町はひまわり日本一を誇っており、8月上旬に見ごろを迎えます。

秋(9月から11月)

紅葉が見ごろな秋の北海道

9月は、大雪山で紅葉が始まり、北海道では一足早く秋を楽しむことができます。イチョウ並木も色づき、ロケーション撮影にもピッタリです。この時期は、各地で味覚祭りや紅葉祭りが開催され、人気のある時期の1つで、サンマや秋鮭などが旬を迎え、各地で食を満喫できます。

北海道では、10月に最低気温が1桁代になり、下旬には札幌や旭川で初雪が観測されることもあります。11月にもなると、ほとんどの地域で平均気温が5℃以下になり、早朝などは氷点下になることも。

冬(12月から2月)

冬の札幌の時計台

12月には平均気温が氷点下になり、積雪量が増加。各地でホワイトクリスマスのイベントが行われ、イルミネーションが雪の街を幻想的に演出します。

1月は平均気温が年間を通して最も低くなり、万全な防寒対策が必要です。1月から2月にかけて、各地で行われる雪と氷を主役としたイベントが各地で開催され、神秘的な光景が楽しめます。またこの時期は流氷が見られ、北海道でしか見られないものの代表格です。

2月には、北海道で最も有名なイベントである「札幌雪祭り」も開催され、非常に楽しめる季節です。

このように、北海道では各季節ごとに、色とりどりの花畑や、旬の味覚、巨大な流氷や、各種祭りなどまったく異なるポイントで楽しむことができます。じっくり考えて良い写真を撮影しましょう。

札幌で人気のフォトウェディングスタジオを紹介!

結婚式と違う時期にするのもgood!

結婚式当日に、屋外で写真を撮ってもらえるなら、あえて当日とは全く異なるシチュエーションを楽しむこともできます。

ロケーション撮影の場合、結婚式の数カ月前に前撮りをすることで、季節が変わり、外観が変わります。

特に、北海道では、夏と冬では景色ががらりと変化するためこの時期を選ぶとまったく異なる印象の写真が撮影できるかもしれません。