フォトウェディングスタジオ比較ランキングin札幌 » 札幌で前撮りできるおすすめフォトウェディングスタジオ » 前撮りって必要なの?

前撮りって必要なの?

「結婚式当日に撮れば費用も抑えられるし、撮らなくてもいいかな…」 「前撮りってなんだかお金も手間もかかりそうだな…」と、必要かどうか迷うプレ花嫁さんは多いのではないでしょうか。

結婚は準備の時間もお金もかかるものですが、前撮りをしておくことで結婚式までの準備が省けたり、ゆっくりと撮影時間をとることでいろいろな写真を残せたりと、メリットがいっぱいです。ここでは結婚式の前撮りをすることで得られるメリットを4つ紹介します。

前撮りが必要と言われる4つの理由

結婚式当日に着られない衣装を着ることができる

前撮りはドレスの丈・デザイン、ヘアメイクやアクセサリー・小物をじっくり選んで自由に決めることができるので、いろいろな姿を楽しめるのが大きな強みです。 挙式当日は、教会式なら白いウェディングドレスにタキシード、神式なら打掛や白無垢などの和装と袴といった姿が写真に収められます。

挙式後の結婚披露宴でお色直しをする場合がありますが、様式が決まっていたり、レンタルできるものが限られていたりと、思い切ったスタイルにチャレンジできないのが難点です。 前撮りをしておくことで、挙式当日以外の晴れ姿を残すことができ、写真の見栄えがより華やかになります。見返すのも楽しい思い出にしたい場合、前撮りをしておく必要があるでしょう。

結婚式の予行演習になる

前撮りでは本番さながらの晴れやかな衣装を着るので、衣装の重さやボリュームなどといった、実際に衣装を着た際の具合が確認できます。結婚式の当日は打ち合わせやリハーサルの時間が用意されているものの、時間が限られていたり、衣装の具合がわからないまま本番が終わってしまったり、なんてことも。

実際に、前撮りをしなかった花嫁さんの中にはしておけばよかったという声が多くあることも事実です。結婚式は一生に一度の大舞台。事前に予行演習として前撮りをしておくと、本番への準備がスムーズになります。

自分の好きなロケーションで撮影できる

スタジオが提供するロケーションフォトでは、自分の好きなシチュエーションに合わせて撮影可能。チャペルやスタジオといった屋内の撮影だけでなく、緑豊かな公園・庭園や観光名所、夜景、海などの背景をバックに特別な一枚が残せるので、より充実した結婚写真がゲットできること間違いなし。

ウェルカムボードとして結婚式に使用できる

結婚式当日にゲストに喜んでもらうために用意するウェルカムボード。当日の会場を飾り付けるグッズなので事前の準備が必要なアイテムです。ウェルカムボードは2人の人柄やおもてなしの気持ちが伝わるため、きちんと作っておきたいもの。前撮りをしておけば、その時に撮っておいた写真がそのまま使えます。

前撮り写真の活用術

前撮りをした写真はウェルカムボードだけでなく、結婚報告のはがきや年賀状など、周囲に知らせるためのアイテム作成にも活用できるのが便利です。時間短縮になるだけでなく、結婚式当日と違った雰囲気の二人をアピールできるので、2人だけの結婚式を表現できて一石二鳥ですね。アイディア次第で色んな場面で使えます。

前撮りで人気のフォトウェディングスタジオをチェック

前撮りをして良かったと感じた花嫁の口コミを調査

挙式当日は、とにかく忙しくてバタバタしていたので、ゆっくり撮影という感じではなかった。前撮りでは、撮影に集中できたのでしておいて良かったと思いました。

本番で着たウェディングドレス以外に、迷っていたドレスを着れたし、非日常感を味わえて2回楽しかったです。

前撮りをして、記念がひとつ増えたし、ヘアメイクのチェックや写真映りも本番前に確認できたので、よかったです。

結婚式当日で、お色なおしをしない代わりに、前撮りをしました。費用もほぼ同じだったので、前撮りをしてよかったと思っています。