フォトウェディングスタジオ比較ランキングin札幌 » フォトウェディングが映える札幌のロケーションスポット » 赤レンガ庁舎

赤レンガ庁舎

西洋文化のなかにも和の雰囲気が漂うレトロな佇まいの赤レンガ庁舎。和装にも洋装にもしっくりとなじむ人気のウェディングフォトスポットです。

ここでは赤レンガ庁舎におけるウェディングフォト撮影の魅力を紹介します。

赤レンガ庁舎の特徴

赤レンガ庁舎は明治時代に建築されたアメリカ風なネオ・バロック様式の建物。壮麗で豪華な中にも赤レンガの重厚感が漂うデザインです。 内部に入ると最初に目に飛び込んでくるのが正面ホールの美しい三連アーチ。よくみるとアーチ中央や柱にも細かく装飾されているのがわかります。その奥に続く階段にも注目。階段側面に彫られているロゼッタ模様が美しい、人気のフォトスポットです。赤絨毯が敷かれた階段を登るとタイムスリップした気分に。 建物の外側はすべてが赤レンガではなく、壁の下側は黒いレンガでおおわれています。これは高い温度で火入れされて黒く変色したレンガが使われているため。ヨーロッパの古い街並みを思い起こさせる、魅力的な撮影スポットと言えます。 敷地内は北海道の代表的な樹木、ハルニレをはじめアカエゾマツやイチョウといった緑にあふれ、開放感たっぷり。春にはカスミザクラや八重桜といった花々が咲き、フォトウェディングにさまざまな色を添えてくれます。

ウェディングフォト例

和装で撮る

赤レンガ庁舎フォトウェディング例和装
画像引用元:aim公式サイト
(https://www.aimbridal.jp/sapporo/gallery/)

建物の内部は落ち着きのあるレトロな雰囲気。洋装はもちろん、和装でも似合います。磨きこまれた柱や階段は落ち着いた色合いなので和装にぴったり。まるで明治時代にタイムスリップしたかのような1枚が撮影できます。古びた質感のある壁際に寄れば、ぐっと和の様相に近づく感じに。落ち着きのある知的な雰囲気が漂うので、幅広い年代の方に好まれる写真に仕上がります。

また敷地内にある水のほとりも人気のウェディングフォトスポット。緑に囲まれて、落ち着いた雰囲気の1枚を残すことができます。ちょっとした日本庭園のようにも見えるので、赤レンガ庁舎と気づかないかもしれません。

紅葉の季節には色打掛での撮影もおすすめ。敷地内に広がる赤や黄色の色彩と共に、華やかな思い出が残ります。

洋装で撮る

赤レンガ庁舎フォトウェディング例洋装
画像引用元:ラヴィファクトリー公式サイト
(https://www.la-viephoto.com/sapporo/location.html)

クラシックなレンガの壁を背景にすると、中世ヨーロッパの古城にいるような雰囲気に。白いウェディングドレスがよく映えます。また、建物内部の長い階段をのぼりながらの1枚は、ウェディングドレスの裾が美しく広がり、お姫様のような気分に。階段の突き当りには大きな窓があるので、逆光を利用して非日常的な演出を試みるのもよいでしょう。

屋外の撮影なら、樹々の間から顔を見せるようなネイチャーフォトもおすすめです。ハルニレやシラカバなどを映しこむことで北海道の雰囲気が伝わる1枚に。また春の柔らかい光の中、カスミザクラや八重桜などを背景にすると祝福感あふれる写真に仕上がります。

札幌でフォトウェディングするなら?おススメを紹介!