フォトウェディングスタジオ比較ランキングin札幌 » 最高の結婚写真を撮るための極意 » ブーケの選び方

ブーケの選び方

ブーケ

ウェディングドレスが決まったら、次はブーケ選びです。花嫁さんの可愛らしさや美しさを引き立ててくれるウェディングブーケには、たくさんの種類やデザインがあって迷ってしまうもの。

ブーケトスやブーケ&ブートニアの儀式など、結婚式の演出の中で重要な役割を担うアイテムでもあります。選ぶときに、どのような点に注意すればいいのでしょうか。

フォトウェディングにピッタリなドレスの選び方

自分の体型を考えてウェディングドレスを選ぶ

衣装を選ぶ際、ただ単に「気に入ったから」という理由で衣装を選ぶのはNG。体型が美しく見えるかどうかも大切なポイント!体型はドレスの選び方次第でカバーできる部分が多くあります。自分の体型に合ったドレスで、今の自分を美しく引き立たせてくれるドレスを選びましょうね。

ブーケ選びのポイント

ウェディングブーケには様々な種類があります。選ぶ際には、ドレスとの相性を念頭に、ブーケの形を決めるのが早道です。また、会場の装花やイメージカラーにこだわりがある場合は、それに映えるようなデザインや色みを選ぶのもポイントの一つです。

ベルライン、Aライン、プリンセスラインのようなふわっと広がったお姫様のようなタイプのドレスには、ラウンドブーケなどのように丸みを帯びたデザインがマッチします。

マーメイド、スレンダーラインのようなクールで大人っぽい印象のドレスには、キャスケードブーケのように縦に長いラインを作るブーケがぴったりです。 では、ブーケにはどのような種類があるのか、詳しく見てみましょう。

ブーケの種類

ブーケには様々な形があり、使う花材によってもガラリと雰囲気が変わります。ここでは、よく選ばれている代表的な形をご紹介します。

ラウンドブーケ

小さめの花材をまとめて、丸くまとめたシンプルなブーケです。もっともオーソドックスなタイプで、花材や色の選び方によって様々な雰囲気にアレンジが可能です。小振りにまとめれば、身長や体型が小さめの花嫁にぴったりな可憐な印象に、プリンセスラインなどのようなふんわりとしたドレスには大きめの花材を使って華やかな印象を添えることも可能です。

キャスケードブーケ

キャスケードとは英語で「滝」という意味で、名前の通り流れるようなラインに形を整えたブーケです。縦に長さが出るので、身長が高い花嫁やスレンダーなラインのドレスにオススメ。代表的な花材は真っ白なカサブランカで、グリーンを使うことでドレスの白に花材の白が更に引き立って見えます。

オーバルブーケ

ラウンドブーケとキャスケードブーケの間をとったような、楕円形のブーケです。優しい印象ながらラウンドブーケほどまん丸にならずに、花材によっては大人っぽくも演出できるのが人気です。

花材や大きさで出来上がりの印象がガラリと変わってくるので、仕上がりのイメージをしっかり持ってオーダーするのがポイントです。

アームブーケ

代表的な花材はカラー。茎の自然なラインを生かして、花材を数本束ねたシンプルなブーケです。ありのままの美しさをシンプルに見せる、自然な美しさが最大の魅力です。大人でスタイリッシュな雰囲気を演出するのに最適なブーケです。

クラッチブーケ

クラッチとは英語で「ギュッとつかむ」という意味で、名前の通り、片手でギュッと掴めるほどの花材を束ねて切り口を整えただけのナチュラルな仕上がりが魅力です。

参列者に一輪ずつ持ってもらった花を新郎が集めて新婦にプレゼントする、ブーケ&ブートニアの儀式の中でよく使われます。プレゼントされたブーケの中から一輪を、ブートニアとして新郎にお返しをするシーンは、2人の絆を示す印象的な場面です。

クレッセントブーケ

「三日月」という意味のクレセントブーケは、緩やかで優しい弧を描いた形がとてもエレガントで人気です。ウェディングブーケの中では珍しくアシンメトリーな形なので、個性を演出したい花嫁にはぴったりです。

他にもいろいろ個性派ブーケ

まん丸に整えた花材を、腕にかけて持つことができるようにしたボールブーケ。四角い形に整えた花材にバッグのような持ち手をつけたバッグ型ブーケ。クリスマスリースのような円形に整えたリースブーケなど、様々な形のブーケがあります。ご自身の個性を活かして、選んでいきたいものですね。

ブーケに使われる花

ブーケに適した花材、使ってはいけない花材というのはあるのでしょうか?

実は、極端に匂いの強いもの、葬祭によく使われるもの、アレルギーを誘発するものなど特殊なものを除き、「使ってはいけない」花材というのはあまりありません。

ドレスのデザインや色、ブーケの形などから選ぶのも大事ですが、新郎新婦の間で思い出やこだわりのある花材があるのであれば、積極的に取り入れていきたいものですね。

また、忘れがちなのがグリーンを入れるかどうか。グリーンが入ることによって他の花材の色がぐっと引き立ったり、逆に淡い色だけでまとめることでふんわりと優しい印象に仕上がったり、ブーケの印象をぐっと左右します。

そこで、花材を選ぶ際のポイントを見てみましょう。

①季節の花を取り入れる

技術の進歩により時期を選ばずに花材を用意できるようになってきましたが、やはり挙式の時期の季節感は大切にしたいものです。

春のブーケの代表格の芍薬は、華やかなウェディングシーンにぴったり。咲ききっていないお花は、丸く可憐な印象になります。カスミソウやミモザは、ナチュラルなウェディングにぴったり。カラフルなチューリップは、色選びも楽しいですね。

夏の花材の代表格は紫陽花、ジューンブライドならぜひ取り入れたいお花です。ラベンダーも爽やかな香りで、瑞々しい空気を運んできます。大きな花びらが印象的なダリアは和装でも人気です。黄色が鮮やかなひまわりは、元気な印象になるので、夏の挙式にはぴったりです。胡蝶蘭にも似たデンファレは、純白のドレスを更に引き立ててエレガントに仕上がります。

秋の花材の代表格は、何と言ってもコスモス。海外では濃い色のコスモスも大人っぽくて人気です。淡い色でまとめれば、可憐なブーケになります。コロンとしたピンポンマムは白から薄いグリーン、黄色、濃いピンク、赤まで様々な色が揃っており、丸くまとめて和装にもよく使われます。

冬のブーケでよく使われるのは、クリスマスローズ。普通のバラと異なる少しアンティークな色味が落ち着いた大人の女性にぴったりです。また雪を彷彿とさせるようなコットンフラワーも、冬には人気の花材です。

②花言葉で選ぶ

例えば春に人気のチューリップは、色によって花言葉が違います。

花言葉を機にする人は、黄色や白は選ばない方がいいかも!?また夏に人気の紫陽花も「移り気」「浮気」と言った結婚式には不向きな花言葉があったため避けられる傾向にありましたが、「家族団欒」「絆」などの良い意味もあり、最近では夏のお花として人気です。

新郎新婦が結婚式に込めたいイメージから花言葉を探して、花材に取り入れるのも楽しいかもしれません。

③プロポーズなどの思い出の花を選ぶ

とあるカップルのプロポーズで、彼が彼女にプレゼントした99本のバラには「永遠の愛、ずっと好きだった」というメッセージが込められていました。それにあやかりバラでブーケを仕立てたという花嫁さんも。

また、プロポーズされた思い出の場所、フラワーパークに咲いていたコスモスをイメージしてブーケを選んだという花嫁さんも。2人の思い出に沿って作られたブーケなら、一生の思い出になること間違いなしですね。

ブーケのQ&A

生花以外のブーケはあるの?

アーティフィシャルフラワーやプリザーブドフラワーなど、特殊な加工をした花を使ったブーケがあります。

などの場合にオススメです。

花じゃないとダメなの?

キャンディーやチョコレートのなどのお菓子、野菜や果物、布やボタン、ジュエリーまで、最近では様々な材料で作るブーケがあります。個性を演出したい花嫁さんに人気です。

季節によって使えない花はあるの?

生花の場合、季節によって手に入らない花材があります。近い花材を使ったり、アーティシャルフラワー、ブリザーブドフラワーを使ったりするなど、可能な限りイメージに近づけるように、事前によく相談することが必要でしょう。

挙式が終わってもブーケを保存したい

押し花やプリザーブドフラワーに加工することで、保存できる場合も多いです。またブーケトスを行う場合は、トス用のブーケを別途用意するなどの方法もあります。

何れにせよ希望があるのであれば、ブーケを決める際に相談しておくと良いでしょう。